FC2ブログ
ブログ内検索
管理・サイト関連
  • あすら (asrtea) on Twitter asr の読書メーター
  • asrite.net←本拠地。
  • 管理画面(管理人専用です)
プロフィール
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
11月(1)  06月(1)  05月(2)  04月(1)  03月(1)  02月(2)  01月(3)  12月(8)  11月(4)  10月(1)  08月(1)  07月(1)  06月(1)  04月(1)  09月(2)  07月(2)  05月(4)  04月(1)  01月(2)  12月(1)  11月(1)  10月(1)  07月(1)  06月(1)  03月(2)  02月(1)  01月(1)  12月(1)  11月(1)  09月(2)  08月(1)  05月(2)  04月(1)  03月(2)  02月(3)  01月(2)  11月(1)  10月(2)  09月(3)  07月(4)  06月(4)  05月(4)  04月(2)  03月(2)  02月(1)  12月(3)  11月(1)  10月(3)  09月(6)  08月(2)  07月(2)  06月(1)  05月(3)  04月(1)  03月(2)  02月(3)  01月(10)  12月(1)  11月(4)  10月(1)  09月(3)  08月(6)  07月(4)  06月(7)  05月(4)  04月(4)  03月(3)  02月(4)  01月(5)  12月(1)  11月(3)  10月(5)  09月(5)  08月(4)  07月(3)  06月(3)  05月(3)  04月(4)  03月(2)  02月(4)  01月(8)  12月(8)  11月(1)  10月(3)  09月(2)  08月(4)  07月(4)  06月(1)  05月(2)  04月(2)  03月(6)  02月(5)  01月(1)  12月(3)  11月(4)  10月(6)  09月(6)  08月(7)  07月(5)  06月(5)  05月(7)  04月(13)  03月(6)  02月(7)  01月(6)  12月(13)  11月(19)  10月(12)  09月(28)  08月(27)  07月(22)  06月(22)  05月(28)  04月(26)  03月(35)  02月(20)  01月(22)  12月(25)  11月(23)  10月(20)  09月(20)  08月(15)  07月(15)  06月(15)  05月(13)  04月(15)  03月(15)  02月(5)  01月(12)  12月(5)  11月(7)  10月(10)  09月(11)  08月(13)  01月(2) 
最近のコメント
アクセス解析など

この人とブログ友達になる

スポンサーリンク
あすら日記 【ゲームレビュー】 ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて [3DS / PS4]

DQ11をクリアしましたが、色々と考えるところがあったので
レビューでは書ききれなかった部分について、考察などをやっていこうと思います。

ネタバレ有り。
…というかネタバレがないと話ができないので、ネタバレ前提。


~ この記事の続き ~

作品の立ち位置:ゼルダみたいなパラレルワールド



連作が多かったDQシリーズ(少なくともVIまでは)ですが、
DQ11はどの作品とも繋がりのない単品作品。

ただ、別作品といえど、
「勇者」と「魔王」という大きな枠組みは同じ。
その中で細かい設定が異なる、パラレルワールドのような印象を受けました。


これに近いものといえば、
任天堂のゼルダシリーズですね。

勇者(リンク)・姫(ゼルダ)・魔法(ガノン)という立ち位置は同じだけど、
作品によって、世界観や設定は大きく異なりますもんね。

DQ3との類似点・相違点について


DQ11は、かつて存在した勇者ローシュの話をたびたび耳にします。
ローシュはこの世に光をもたらした存在、と。

最終的には、DQ11の主人公が、現代の魔王を倒し、
その上で、かつての勇者ローシュ一行が倒せなかった邪神ニズゼルファを倒します。

これは、DQ1の世界のロトと似ていますね。

ただ、魔王の扱いがちょっと異なっていて…、

DQ3は、魔王(ゾーマ)を倒す(確か封印ではなかったはず)

DQ11では、ローシュ一行とニズゼルファが戦うものの、完全には倒せず、封印。
そして、現代勇者の手によって倒されます。

邪神ニズゼルファとゾーマ、姿形も違う。
扱いが似ているとはいえ、別物と考えていいでしょう。


…もし、DQ1のリメイクが出て、竜王を倒した後に、
かつてのロトが倒せなかったゾーマを倒す、みたいなシナリオになったら胸アツだね

DQ3との関連性について


クリア後の世界では、語り継がれていた勇者「ローシュ」や、その仲間との直接的な繋がりが出てきます。
あ、ローシュ本人とは直接は関わりはないかな?

賢者セニカ
魔法使いウラノス
戦士ネルセン

彼らは、姿かたちから、明らかにDQ3のキャラクター。

ので、DQ3の世界がローシュの時代で、その後にDQ11の世界があるのか、と思いきや。


エンディングで、DQ3の始まりと思われるシーンが挿入されるので、
DQ11の後にDQ3があるのでしょう。

時系列としては、こんな感じになるのでしょうか

ローシュの時代
→DQ11の時代
→DQ3の時代
(→DQ1の時代)

ただ、DQ3と直接つながっていると言うよりは、
ゼルダのような、パラレルワールドの世界と考えたほうが、私はしっくりくる。

勇者「ローシュ」、世界「ロトゼタシア」について


「ローシュ」は、「ロト」発音違いっぽい。

世界の名前「ロトゼタシア」も、ロト+ゼタシアの形で、
「ゼタシア」が何らかの意味を持つのだろうと思います。

おそらく、DQ1~3のロトシリーズと関連があるのでしょう。


…って調べてたら、本当に「ロトゼタシア」に意味があったようです。

ロトゼタシア = ロトZ+A = ロトの未来から過去への物語



【衝撃】ドラゴンクエストXIの世界名「ロトゼタシア」の秘密判明か / ロトをたどる未来から過去への物語という意味 | バズプラスニュース より)

公式ではなく、ユーザーの考察に過ぎませんが、かなり当たってるのではないかと。

ぶっちゃけセーニャ強い


ぶっちゃけ、第二部(異変後)のセーニャ、強すぎません?

ベロニカとセーニャのスキルが統合されて、武器も両手杖が使えるし、
やまびこの心得が特に強すぎ。

第三部(クリア後)で過去にに戻るとき、
セーニャはそのままでいてほしい…って思った。


…といいつつ、
クリア後のベロニカはベロニカでめちゃくちゃ強いんだけどね。
特にイオグランデの破壊力が。


イベントの繰り返しが雑


クリア後で過去に戻るので、一部のイベントは繰り返しになります。
同じイベントを複数見るのはめんどい、というプレイヤーへの配慮があるのでしょう、
一部のイベントが雑に仕上がっています。

いや、これが別に悪いとは思っていません。
が、なかなかシュールな場面もありましたね。

特に、過去に戻った直後のイベント、ホメロス死亡が…w
あのあっさりさは、ちょっとかわいそすぎるw

勇者星を割ったのって誰


そういえば、第二部(異変後)の世界で、勇者の星が落ちてくるところ、
何者かが現れて真っ二つにしましたね。

あれって結局誰だったんだっけ。
6天王の誰かだったっけ?

封印されているとはいえ、邪神を真っ二つにするなんて、相当な実力の持ち主よね?

→ぐぐってみたら、魔王ウルノーガみたい。
関連記事

人気blogランキング Blogランキング参加中。投票してもらえると嬉しいです。

《カテゴリ》 日記 | 《更新日》 2020/06/10 [水]
《タグ》 日記ゲームドラクエドラゴンクエスト考察
コメント情報・編集
コメントの投稿










(送信ボタンを押すと、即座にコメントが投稿されます)

トラックバック

※お手数ですが、"http"という単語を含まぬようお願いします。
Page top