管理・サイト関連
管理画面(管理人専用です)
リンク
プロフィール

asrite

書いてる人 : asrite
やあ(´・ω・`)
ようこそ、あすらブログへ。
この日記はサービスだから、まずは読んで落ち着いて欲しい。
ブログ足跡機能があるので、気まぐれに足跡を返します。


▼押してくれると嬉しいです。
人気blogランキング

カテゴリ
月別アーカイブ
07月(1)  06月(1)  03月(2)  02月(1)  01月(1)  12月(1)  11月(1)  09月(2)  08月(1)  05月(2)  04月(1)  03月(2)  02月(3)  01月(2)  11月(1)  10月(2)  09月(3)  07月(4)  06月(4)  05月(4)  04月(2)  03月(2)  02月(1)  12月(3)  11月(1)  10月(3)  09月(6)  08月(2)  07月(2)  06月(1)  05月(3)  04月(1)  03月(2)  02月(3)  01月(10)  12月(1)  11月(4)  10月(1)  09月(3)  08月(6)  07月(4)  06月(7)  05月(4)  04月(4)  03月(3)  02月(4)  01月(5)  12月(1)  11月(3)  10月(5)  09月(5)  08月(4)  07月(3)  06月(3)  05月(3)  04月(4)  03月(2)  02月(4)  01月(8)  12月(8)  11月(1)  10月(3)  09月(2)  08月(4)  07月(4)  06月(1)  05月(2)  04月(2)  03月(6)  02月(5)  01月(1)  12月(3)  11月(4)  10月(6)  09月(6)  08月(7)  07月(5)  06月(5)  05月(7)  04月(13)  03月(6)  02月(7)  01月(5)  12月(13)  11月(19)  10月(12)  09月(28)  08月(27)  07月(22)  06月(22)  05月(28)  04月(26)  03月(35)  02月(20)  01月(22)  12月(25)  11月(23)  10月(20)  09月(20)  08月(15)  07月(15)  06月(15)  05月(13)  04月(15)  03月(15)  02月(5)  01月(12)  12月(5)  11月(7)  10月(10)  09月(11)  08月(13)  01月(2) 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


《カテゴリ》 スポンサー広告 | 《更新日》 --/--/-- [--]
[ no tag ]
Excelの条件付き書式で、
「奇数列と偶数列を色分け」や、
「文字が入っているセルを色分け」するだけなら
ググれば簡単に見つかるんだけど、
この両方の設定を同時に行わせる方法が分からなかったのでメモしておきます。

▼最終完成物
150326_blankmod6b_daburu.png

▼サンプルxlsxも置いときますね(リンク切れしてたらすみません)
http://www1.axfc.net/u/3438240


私が最終的に目指すのは、
1.「奇数列で文字が入っている」
2.「奇数列で文字が入っていない」
3.「偶数列で文字が入っている」
4.「偶数列で文字が入っていない」
の4パターンの色分けです。

もし「文字が入っているが、奇数か偶数かは問わない」という色分けがしたいのであれば
この記事の解説は不要でしょう。
(「文字が入っているか否か」と「奇数か否か」の2つの条件付き書式を作成して、
 前者の優先度を上げればよい(※ルールの管理で、前者を上側に置く))


~ 広告 ~
~ この記事の続き ~

※結論だけ知りたい方は、記事下部の「本番」まで飛んでください

補足



▼条件付き書式→ルールの管理 で、現在作成した条件付き書式を確認できます。
150326_blankmod8_hosoku.png

出てきたダイアログの上らへんの「このワークシート」を選択すると、
設定した条件付き書式をすべて見ることができます。
適用する範囲を指定するには、右くらいの変な四角形のマークをクリック。


▼すべてを選択するには、シート左上の変な四角いところを押します。
150326_blankmod4_allselect.png

奇数列を色分け


ここでは、奇数列のみを色分けし、
偶数列はデフォルトの色のままとして扱います。
(もちろん偶数列を設定しても良いですが、この記事では簡略化のため扱いません)

▼まず、サンプルとして適当な表を作ります。
150326_blankmod1.png

バージョン2007?くらいから追加された、Randbetween関数が非常に便利。


▼「条件付き書式」→「新しいルール」 を選択し…
150326_blankmod2_jouken.png


▼奇数列のみ選択させて、適当に背景色(書式→塗りつぶし)で塗ります。
150326_blankmod3a_kisuu1.png

奇数列のみ適用したい場合は、"次の書式を満たす場合に~~"の欄に、以下を入力。
=MOD(ROW(),2)=1

ちなみに、この一番右の数字が1は奇数、0であれば偶数列を選択します。


▼奇数列のみ背景色が変わりました。
150326_blankmod3b_kisuu2.png

※この後、同様の方法で偶数列の書式を設定してもOKです。

空白でないセルに色を付ける


「条件付き書式」→「新しいルール」 を選択し(先述の通り)、

指定した値を含むセル~~を選択し、

▼「セルの値」「次の値に等しくない」「=""」
150326_blankmod5a_blank.png

=""
↑これは、空白を表す魔法の言葉です。

詳しく知りたければ、「空文字列」で検索すると良い…と思います。


▼空白でないセルに、新たな背景色を設定しました。
150326_blankmod5b_blank.png

※色は適当です

本番 : 上記の条件を2つとも満たす場合


そしてこの記事の本編。

この書き方で正しいか少し迷いがありますが、
結果としてうまく動いてるので、たぶんこれで良いと思います。


まず、全てのセルを選択し、 ←上記補足参照

「条件付き書式」→「新しいルール」 を選択し(先述の通り)、

▼数式を使用して~~を選択し、以下の文を入力。
150326_blankmod6a_daburu.png

=AND(A1<>"", MOD(ROW(),2)=1)

A1が空白でなく、奇数列であれば、という意味です。
このA1はおそらく「範囲のもっとも左上のセル」だと思うので、
範囲を変えた場合は、このA1という記述も少し変わってくるはずです。


▼最終完成図。
150326_blankmod6b_daburu.png

もしうまく動かないのであれば、記述がどこか間違っているか、
書式の適用優先度に問題があると思います。

excel2007では、条件付き書式は上から優先的に適用されるので、
「最も上 : 奇数列かつ空白セルでない」「2個目 : 空白セルでない」「3個目 : 奇数列」
といった感じにするとうまくいきます。


見出しセル(この例でいえば、人名や科目)まで適用するのはちょっと目障りなので、

▼範囲指定して、必要なところだけ適用させるのも良いでしょう。
150326_blankmod7_hanni.png

適用範囲が変わったためか、さっきの「A1」が「B2」にしれっと変わっていました
(何もしてないけど勝手に)



おしまい
適用に書きなぐったけどコピペで対応できるようにしてるから後から見てもわかるはず
関連記事

人気blogランキング Blogランキング参加中。投票してもらえると嬉しいです。

《カテゴリ》 tips | 《更新日》 2015/03/26 [木]
《タグ》 tipsコンピュータexcel条件付き書式
コメント情報・編集
コメントの投稿










(送信ボタンを押すと、即座にコメントが投稿されます)

トラックバック

※お手数ですが、"http"という単語を含まぬようお願いします。
Page top
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
FC2カウンター
RSS
アクセス解析など

この人とブログ友達になる

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。