管理・サイト関連
管理画面(管理人専用です)
リンク
プロフィール

asrite

書いてる人 : asrite
やあ(´・ω・`)
ようこそ、あすらブログへ。
この日記はサービスだから、まずは読んで落ち着いて欲しい。
ブログ足跡機能があるので、気まぐれに足跡を返します。


▼押してくれると嬉しいです。
人気blogランキング

カテゴリ
月別アーカイブ
07月(1)  06月(1)  03月(2)  02月(1)  01月(1)  12月(1)  11月(1)  09月(2)  08月(1)  05月(2)  04月(1)  03月(2)  02月(3)  01月(2)  11月(1)  10月(2)  09月(3)  07月(4)  06月(4)  05月(4)  04月(2)  03月(2)  02月(1)  12月(3)  11月(1)  10月(3)  09月(6)  08月(2)  07月(2)  06月(1)  05月(3)  04月(1)  03月(2)  02月(3)  01月(10)  12月(1)  11月(4)  10月(1)  09月(3)  08月(6)  07月(4)  06月(7)  05月(4)  04月(4)  03月(3)  02月(4)  01月(5)  12月(1)  11月(3)  10月(5)  09月(5)  08月(4)  07月(3)  06月(3)  05月(3)  04月(4)  03月(2)  02月(4)  01月(8)  12月(8)  11月(1)  10月(3)  09月(2)  08月(4)  07月(4)  06月(1)  05月(2)  04月(2)  03月(6)  02月(5)  01月(1)  12月(3)  11月(4)  10月(6)  09月(6)  08月(7)  07月(5)  06月(5)  05月(7)  04月(13)  03月(6)  02月(7)  01月(5)  12月(13)  11月(19)  10月(12)  09月(28)  08月(27)  07月(22)  06月(22)  05月(28)  04月(26)  03月(35)  02月(20)  01月(22)  12月(25)  11月(23)  10月(20)  09月(20)  08月(15)  07月(15)  06月(15)  05月(13)  04月(15)  03月(15)  02月(5)  01月(12)  12月(5)  11月(7)  10月(10)  09月(11)  08月(13)  01月(2) 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


《カテゴリ》 スポンサー広告 | 《更新日》 --/--/-- [--]
[ no tag ]
突然ですがオーディオインターフェイスを買い替えることにしました。

というのも、今まで使っていたオーディオインターフェースが
なんか調子が悪くなったのか、
左右の音のバランスが悪くなり、常時右のほうが音が大きくなっているとか、
ボリューム調整がなんか変で、音量つまみを0にするとなぜか音が鳴りだすとか

そういう微妙な不具合が出てきたので、ぼちぼち買い替えるかな、と思いました。
(普通に使用自体はできるんだけどね)

▼今まで使っていたのはこれ「UA-1EX」
top_L.jpg
(いちおう商品ページにリンクを張っておきました)

コンパクトな上にさまざまな端子を備えていて、けっこう使い勝手良かったんだけど、
めっちょ昔の商品なためか、あいにくネットショップではどこも在庫なし。
やむなく、ほかの代替商品を探すことにしました。

オーディオインターフェースとは


詳しくはggr。
私は、音の出力や入力を管理する機器の総称だと考えています。
サウンドカードと同義語なのか、似て非なるものかは分かりませんが、
今回新調することにより、パソコンを新調した際に付けたサウンドカードは完全に無駄になることに…。

このサウンドカード(Xonar DGとかいうやつ)は、オプションでマザボに付けることができたのですが、
その性質上、いかなる使い方をしようとも、本体に端子を差し込む感じになってしまうで、どうも使い勝手が悪かった。
(サウンド延長コードとかは使えるんだけど)
その点、USBなら手許に置いとけるし移動もできるし、何よりその扱いに慣れてるしで、メリット多い。

========== ==========

で、いろいろ調べてみるけど、たくさん種類があって良く分からん!

(ここで様々な紆余曲折があり)

幸いなことに、最低の必須条件 「デジタル光入力端子があること」 で調べたら、
だいぶ良い感じに絞ることができました。

▼このまとめページが非常に参考になった。
光デジタル端子付きUSBオーディオインターフェース ピックアップと比較・一覧表

デジタル光入力…OPTICAL INという表記が多いみたいですね。
端子名はS/PDIFというらしい(初めて聞いた)。
今使っているMU500の出力に光デジタル出力があるため、これを回収できる機器がどうしても必要なわけです。
まあないならないで、最悪アナログで音を回収することもできるんだけど。

あ、もうDTMやってないからMU500は「今」使ってないʅ≡(๑╹ω╹๑)≡ʃ うひひ
ほこりかぶっとる

▼いろいろ吟味した結果、Sound BlasterのUSBのやつに決まりました。
USB Sound Blaster Digital Music Premium HD r2 - Sound Blaster - Creative Technology (日本)


Creative USB Sound Blaster Digital Music Premium HD r2 USBオーディオインターフェース アナログ録音 再生リダイレクト SB-DM-PHDR2Creative USB Sound Blaster Digital Music Premium HD r2 USBオーディオインターフェース アナログ録音 再生リダイレクト SB-DM-PHDR2
(2014/01/25)
クリエイティブ・メディア

商品詳細を見る


▼こんなの
140824_sbx_1compare.jpg


そういえばスピーカーもCreative社のものを使ってるなー
これで音源とかMIDI接続ケーブルとかもCreativeに仕上げてガッチガチのCreativeDTMerを目指してみようか!?
DTMerじゃないけど


以下、写真撮ったのでまとめるだけ

~ 広告 ~
~ この記事の続き ~

Amazonでポチったけど、予定より2日もヤマトさんが持ってきてくれてテンサョン上がる!
予定では今日(26日)に到着予定でした。

このインターフェースついでに、デジタル光端子ケーブルもAmazonで購入しました。
両端がS/P-DIF端子のものは私持ってなかった(持ってるのは、片方がイヤホンジャック形式のものだけ)。


Amazonベーシック TOSLINK (トスリンク) デジタルオーディオ オプティカルケーブル 1.8mAmazonベーシック TOSLINK (トスリンク) デジタルオーディオ オプティカルケーブル 1.8m
(2009/11/09)
AmazonBasics

商品詳細を見る


▼光デジタルけーぶる
140824_sbx_3optical.jpg

これはまだ使ってないから、近いうちに1曲作ってケーブルのテストをしてみたいですね(言うだけならタダ)


▼かっちょいい箱に収められて飛んできた
140824_sbx_0box1.jpg


▼かっちょいい箱を開けたらそこには本体があった
140824_sbx_0box2.jpg


▼中にはケーブルとCDとか説明書とか
140824_sbx_1openbox.jpg

説明書は6言語くらいの言葉で書かれていました。ぐろーばる!!


▼早速設置してみたところ!
140824_sbx_2connect.jpg

この時点で、悲しいことにいくつか不満点を発見してしまった。

ひとつは、つまみ。
音量調整つまみはパソコンと連動しているようで、
つまみ操作が「そのまま」Windowsのスピーカーのゲージ?と連動しています。
ちょっと感動したけど、普通にスピーカーみたいに音量を調整できるつまみのほうが良かった。
(つまり、Windowsとは完全別個に音量を調整したかった)

つまみをどっちに回してもエンドレスで回り続けるのは最初めっちゃ焦ったw


もうひとつは、イヤホン&マイク端子。
なんと、イヤホン端子は、でかいほうのヘッドホン端子だったのです(´・ω・`)

幸いにも、普通の小さい穴に変換するプラグを持ってから良かったんだけど、
これだと結構見た目とか悪いし抜き差しも面倒なんだよねえ・・・。

でかい穴だったのを知らずに買っちゃった…これはちょっと後悔した。

ちなみに、本体サイズも結構大きいです。
今まで使っていたUA-1EXの幅2倍くらいの大きさ。
3DSくらいのサイズはあるのかしら(持ってないから分からんけど)


▼後ろのパネルはこんな感じ。
140824_sbx_1rear.jpg

アナログ入出力(赤白のアレ)、デジタル入出力を完備。いや完備はしてないかもしれん


▼そして用済みになった旧インターフェイス…。
140824_sbx_ua-1ex.jpg

さらば…君と過ごした日々を、俺は、決して忘れはしない…
Ah~ Ah~ Ah~
She Is My Wife~~!


まとめと感想


結論だけ言うと、やっぱりUA-1EXのほうが強いな、と思いました。

今まで使っていたUA-1EXと比較すると、サイズは大きいし、イヤホン端子はデカいアレだし
底面のコントロールスイッチもないし(←別に必要なわけじゃない)、
本体にUSBケーブルを「繋ぐ」必要があるし(一体化していない、ということ)、
つまみもWindowsのサウンドと連動するなんて初めて知ったわそんな仕様w

※ちなみにUA-1EXは、出力音量のつまみとは別に、INPUT VOLUMEも調整できました。
 音量つまみもWindowsのサウンドと連動なんてしてませんしおすし


肝心の音ですが、
サウンドカードを変えたほどの音の改善は認識できなかったです。
まあイヤホンもスピーカーも安いの使ってるからかもしれんけど!
せっかくだし、これら再生機器も少し高めのに変えてみましょうかね?

当然のこと、左右バランスとかは問題ないです。音量ゼロにしたらちゃんと音は止まりますヾ(*'ω'*)ノ

再生時のエフェクト機能があるようなので、聴く分にはいろいろ楽しめるかもしれない。


今回勝った製品の敗因は、比較対象の相手が悪すぎたこと
ただ機能的には問題ないので、文句をつける程のことなのかどうかはちょっと微妙

価格も近くて(双方約1万円)、発売時期も10年近く違うんだし、
てくのろじーのしんぽというのを味わってみたかったのに、思ったより普通だったというのが正直な感想。


もしこの機器に、UA-1EXに勝てる点があるとすれば、残すは耐久性…!

おわり
あんまり良い風には書いてないけど、普通に使う分には全然問題ないよ。
ついでにスピーカーの目盛りが2~5くらいしか使わない
関連記事

人気blogランキング Blogランキング参加中。投票してもらえると嬉しいです。

《カテゴリ》 日記 | 《更新日》 2014/08/26 [火]
《タグ》 日記オーディオインターフェースコンピュータDTMレビューレビューその他
コメント情報・編集
コメントの投稿










(送信ボタンを押すと、即座にコメントが投稿されます)

トラックバック

※お手数ですが、"http"という単語を含まぬようお願いします。
Page top
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
FC2カウンター
RSS
アクセス解析など

この人とブログ友達になる

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。