管理・サイト関連
管理画面(管理人専用です)
リンク
プロフィール

asrite

書いてる人 : asrite
やあ(´・ω・`)
ようこそ、あすらブログへ。
この日記はサービスだから、まずは読んで落ち着いて欲しい。
ブログ足跡機能があるので、気まぐれに足跡を返します。


▼押してくれると嬉しいです。
人気blogランキング

カテゴリ
月別アーカイブ
07月(1)  06月(1)  03月(2)  02月(1)  01月(1)  12月(1)  11月(1)  09月(2)  08月(1)  05月(2)  04月(1)  03月(2)  02月(3)  01月(2)  11月(1)  10月(2)  09月(3)  07月(4)  06月(4)  05月(4)  04月(2)  03月(2)  02月(1)  12月(3)  11月(1)  10月(3)  09月(6)  08月(2)  07月(2)  06月(1)  05月(3)  04月(1)  03月(2)  02月(3)  01月(10)  12月(1)  11月(4)  10月(1)  09月(3)  08月(6)  07月(4)  06月(7)  05月(4)  04月(4)  03月(3)  02月(4)  01月(5)  12月(1)  11月(3)  10月(5)  09月(5)  08月(4)  07月(3)  06月(3)  05月(3)  04月(4)  03月(2)  02月(4)  01月(8)  12月(8)  11月(1)  10月(3)  09月(2)  08月(4)  07月(4)  06月(1)  05月(2)  04月(2)  03月(6)  02月(5)  01月(1)  12月(3)  11月(4)  10月(6)  09月(6)  08月(7)  07月(5)  06月(5)  05月(7)  04月(13)  03月(6)  02月(7)  01月(5)  12月(13)  11月(19)  10月(12)  09月(28)  08月(27)  07月(22)  06月(22)  05月(28)  04月(26)  03月(35)  02月(20)  01月(22)  12月(25)  11月(23)  10月(20)  09月(20)  08月(15)  07月(15)  06月(15)  05月(13)  04月(15)  03月(15)  02月(5)  01月(12)  12月(5)  11月(7)  10月(10)  09月(11)  08月(13)  01月(2) 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


《カテゴリ》 スポンサー広告 | 《更新日》 --/--/-- [--]
[ no tag ]
…と、いうことで、受けることで「2年間の実務経験と同等以上」の技能があると認められる、実務講習なるものを本日終了してきました。
("修了"の確定は来月になるとのこと)

メインはやはり本試験ということでしょう、今回の講習はあくまで補助的な位置づけであり、
こう言うのもアレですが消化試合といった感じがしっくりくる。
それを裏付けるかのように、講習自体の難易度は割と低めに抑えられていました。


本試験対策の云々はどこそこで見かけても、
実務講習(以下、単に講習と呼ぶ)についてはあまり見られない気がするので、
備忘録も兼ねて、こちらに軽くまとめようと思います。

…以下、講習と呼ぶ、か…

さて、今後すっぽり忘れそうな私のためにも、ちょっとおさらい。

========== ==========

【宅地建物取引主任者本試験】
 ↓
合格
 ↓
<2年以上の実務経験?> → Yes → 主任者登録へ
 ↓
No
 ↓
【実務講習】 ←イマココ!!
 ↓
合格
 ↓
【主任者登録】
 ↓
<合格から1年以内?> → Yes → なにもなし
 ↓
 No
 ↓
【法定講習】
 ↓
何か手続き
 ↓
\取引主任者証/

========== ==========

本試験については、いつか書こうと思っていました。
しかし、結局書かずじまいでここまでやって参りました。 てへぺろ。

講習の概要


宅建本試験に受かったはいいけど、実務経験のない人もいる(私みたいなの)。
その人たちのために、実務を疑似体験させることで
同等の技量を認めようではないか、という制度。

この講習を修了できれば、実務2年以上の経験があるとみなされます。

私は極端な例かもしれませんが、
宅建を勉強するまでは、宅建の内容を全く知らないどころか
宅建が不動産を扱うもの、すら知らなかったというアレな状況。

勉強もすげー適当だったし、
その一方で何年も受け続けてる人もいるそうで、何となく申し訳なさも感じてはいます

あ、合格必勝法!みたいなのは(需要にもよるけど)
その手のブログはごまんとあるし、各自ググっていただければと思います。


以下、講習の概説をだらだら述べていきます。需要?しらん

~ 広告 ~
~ この記事の続き ~

講習の中身について


講習は、前もって送られた教材で「通信講座」として学習した後
実務に沿って作業する「スクーリング」を受けました。
(私のところはそうでした、以下同。他が違っても許して)

簡単に言えば「学科」と「実技」の関係ですね。
以下もこの分け方で表記します。

共通事項


実際に宅地建物の取引を行う「実務」からの視点に立つ性質上、学ぶ方向が少し変わります。
といっても難易度が本試験より高くなっている(あるいは本試験の延長上)、という感じではなく、あくまでも「別視点から」という印象でした。
まあ、もちろん多少は先に進んだ感はありました。

重みとしては、法令制限>>業法>その他の法令>>民法 くらい


業法は知っている前提で、敢えて解説する必要はない、と受け取れました。
その他・民法は広告の時、代金の支払いの時など、適宜出現する感じでした。

しかしあれね、序章が終わったらいきなり法令制限からはじまったのはびびったw

本試験ではめっちゃ(法令制限を)軽視してたし、最後まで中途半端のまま挑んだ大問。
もちろん現時点では既に内容を忘れているという有様ですヾ(*'ω'*)ノ

セットバック!!!

学科


本試験でいう記載内容は、実務上重要な、法令上の制限+重要事項説明書(35条書面)&契約書(37条書面)あたりが該当します。

「法令上の制限」部では、土地などの「価値感覚」や、各種用途地域、道路の云々などがあり
実務を良く知らなくても、おおよその見る目がつく内容になっています。
私にそれが身についたかはよく分かりませんが、
少なくとも、街並みを見る視点が別物になったのは確かです。

「高い建物が林立してるし、容積率もかなりのものだろう、さすが商業地域だなあ」
「ここは建蔽率の低めの民家が多い 店舗もあるということは第二種低層住居専用地域あたりか」

…こわちかよらんとこ

「実務」部は、実際の取引を対象に、お客さんが来る~契約をかわして最後の履行に至るまでを、流れに沿って詳細解説。
終盤では交渉や金策、紛争などの「実務ならでは」といったものもありました。

実技


顧客の受付から始まり、各種法令制限の調査、35条書面、37条書面を実際に作成します。
特に後者の2つの書面の作業が大半を占めており
戸建売買、区分所有売買、区分所有賃貸の3種類ともがまんべんなく出現しました。

事例に出てくる取引主任者は大変優秀なので、
一瞬のうちに各種資料を取り寄せるなどのことは当たり前にこなしてきます。
もちろん広告業者の手配や、条件・価格交渉なども完璧にこなします。

実際の手作業としては、取り寄せた資料を参考に、物件調査票(つまりは法令制限の調査)を書いたり
35条・37条書面を書いたりしていきます。

書面を作る取引主任者は大変優秀なので、
書面のほとんどは一瞬で完成しており、私たちは重要部分を記入していく形式になります。

各種資料はさすがに本物を再現されているようで、慣れるまで見にくいです。
あんなのを全国各地、もれなく作っている行政&各業者は大変ですなあ…。
(のうのうとした顔で書面を作成しながら)

念のため言っておきますが、書面への記名・押印はありません
非常に残念でなりません。

修了試験について


学科、実技ともに一定以上の点数で合格。

学科試験は、教材と一緒についてきた試験問題とほぼ同等のレベル。
あれを解いていればおおよそ問題なしでした。
難易度は本試験と被るところもありましたし、難易度も低めに設定されてました。

問題といて分かったけど、意外にも本試験の知識を忘れてなくて驚いた

実技試験は、実技と同様、資料を見ながら該当箇所を記入するだけ。
資料が目の前にあるので楽勝すぎる。
場合によっては見る箇所が特殊なもの(ちょっとぼかすね)もあったけど、

以上に加えて、特定のもの(テキスト)の持ち込み可能。難易度ぬるぬる。

あんまり楽勝だったので試験を解き終わってから超暇でした。
もちろん退出可能時刻になったら、誰よりも早く即効で抜けてきたよヾ(*'ω'*)ノ

【追記】なお、建ぺい率容積率セットバック、税金その他の計算問題は出題されませんでした【追記ここまで】

まとめよう


・法令制限、35条・37条書面を中心に、実務を概観するシステム。当たり前です。
・学科と実技は別物。 自宅学習分をスクーリングで補おうとは考えないこと。
・試験対策は特に必要ない…が、おまけでついてくる問題だけは何よりも確実に理解しておこう。

感想


スクーリングではもっと写真使いまくっていい。紙の資料だけじゃ良く分からん。
あとイラストも適当だし(明らかにパワポ系の何か)、もっと良いイラストレーター使っていい。

…そのくらい。
中身については、実務をざっと知ることが出来たので良かったと思います。
これで実務"2年分"に相当するのは、甚だ疑問ですが

おわりに


修了が確定したら、この後主任者登録で再びお金を払わないといけません。
安くはないのよʅ( ╹ω╹ )ʃ
関連記事

人気blogランキング Blogランキング参加中。投票してもらえると嬉しいです。

《カテゴリ》 日記 | 《更新日》 2013/01/20 [日]
《タグ》 日記勉強学習宅建宅地建物取引主任者資格
コメント情報・編集
コメントの投稿










(送信ボタンを押すと、即座にコメントが投稿されます)

トラックバック

※お手数ですが、"http"という単語を含まぬようお願いします。
Page top
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
FC2カウンター
RSS
アクセス解析など

この人とブログ友達になる

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。