管理・サイト関連
管理画面(管理人専用です)
リンク
プロフィール

asrite

書いてる人 : asrite
やあ(´・ω・`)
ようこそ、あすらブログへ。
この日記はサービスだから、まずは読んで落ち着いて欲しい。
ブログ足跡機能があるので、気まぐれに足跡を返します。


▼押してくれると嬉しいです。
人気blogランキング

カテゴリ
月別アーカイブ
07月(1)  06月(1)  03月(2)  02月(1)  01月(1)  12月(1)  11月(1)  09月(2)  08月(1)  05月(2)  04月(1)  03月(2)  02月(3)  01月(2)  11月(1)  10月(2)  09月(3)  07月(4)  06月(4)  05月(4)  04月(2)  03月(2)  02月(1)  12月(3)  11月(1)  10月(3)  09月(6)  08月(2)  07月(2)  06月(1)  05月(3)  04月(1)  03月(2)  02月(3)  01月(10)  12月(1)  11月(4)  10月(1)  09月(3)  08月(6)  07月(4)  06月(7)  05月(4)  04月(4)  03月(3)  02月(4)  01月(5)  12月(1)  11月(3)  10月(5)  09月(5)  08月(4)  07月(3)  06月(3)  05月(3)  04月(4)  03月(2)  02月(4)  01月(8)  12月(8)  11月(1)  10月(3)  09月(2)  08月(4)  07月(4)  06月(1)  05月(2)  04月(2)  03月(6)  02月(5)  01月(1)  12月(3)  11月(4)  10月(6)  09月(6)  08月(7)  07月(5)  06月(5)  05月(7)  04月(13)  03月(6)  02月(7)  01月(5)  12月(13)  11月(19)  10月(12)  09月(28)  08月(27)  07月(22)  06月(22)  05月(28)  04月(26)  03月(35)  02月(20)  01月(22)  12月(25)  11月(23)  10月(20)  09月(20)  08月(15)  07月(15)  06月(15)  05月(13)  04月(15)  03月(15)  02月(5)  01月(12)  12月(5)  11月(7)  10月(10)  09月(11)  08月(13)  01月(2) 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


《カテゴリ》 スポンサー広告 | 《更新日》 --/--/-- [--]
[ no tag ]
ビデオからの動画キャプチャについていろいろ調べた結果
ボロボロと新しい事実を知ることになったので、ここにメモしておきます。

いや、ボロボロは言いすぎか。

基本情報


これは、ビデオデッキ経由でPCに録画している場合についての考察。
DVDやその他の方法、特にデジタル系の録画を行っている場合は対象外です。

私の現在の録画方法を図解するとこうなる :

ゲーム機(Wiiなど)

ビデオデッキ → テレビ

ビデオキャプチャ

PC(専用のソフト使用)

ビデオデッキは、キャプチャとテレビへ「同時に」出力を行っています。


以前は、まずプレイをビデオに録画し、それを再生するときにキャプチャで取り込んでいました。
が、この方法では画質の劣化が激しいため、
現在ではビデオを介さず直接(つまりプレイと同時に)キャプチャするようになっています。

一時はビデオ撮影+キャプチャを同時に行っていたんですけど
詳細は割愛な理由により、現在ではキャプチャオンリー。
(と言いつつも、前回のバテン低レベルでは、記念の意味でビデオに収めてはいた)

テーマ


インターレース。

~ 広告 ~
~ この記事の続き ~

ぼかし仕様になる原因


私が比較的最近(※)に作った動画は、総じてぼかしたような状態になっており
これを解除するために、シャープフィルタを掛けることで
画質を「戻す」ような編集を行っていました。

実はこれ、インターレースが深く関与しているようです。

インターレースについては詳しくは述べませんが、
アナログをデジタルに変換する際のノイズ」とでも考えておいてください。
これが残ったままだと、動画が非常に見辛くなります。

※比較的最近とは、ニコニコ動画へのエンコードをAviUtlで行うようになって以降。
 それ以前の動画については詳しくは分かりませんが、
 「何だかぼかしが入っているな」と感じたことはあったので、
 比較的最近でなくとも適用される気がします。

 具体例としては的カービィの12"45の奴がそれにあたるんですけど、
 解像度が小さいためか、よく分からないね。


イントロはここまで。

以前から気になっていたぼかしの原因、
実はこれ、インターレースの解除方法に問題があると分かりました。

解除といっても、私が意識してこれを行っていたのではなく、
ビデオ編集ソフト(例えばAviUtlなど)や再生ソフトが自動的に行ったことにより
ぼかしという「結果」を得ていたに過ぎません。

さらに言えば、ビデオにインターレースとか今初めて聞いた。
(ずっと静止画の世界だと思ってた)


インターレースにはいくつかの解除方法があり、それぞれの特性があります。
その中で、恐らくですが、「二重化」と呼ばれる解除手法を、
私・・・じゃないか、ソフト側が勝手に行っていたようなのです。

そして、この「二重化」の欠点として、ぼかしたような状態になるということがあるそうだ。

その他の解除方法では、ぼかしについては特に起こるわけでもなさそうなので
私はずっと、この二重化の恩恵を受け続けていたということですかね。

補足 : AviUtl のインターレース解除について


AviUtlでは、基本的に自分で解除を設定する必要があるはずでしたが、
私はビデオファイルの読み込みに、「DirectShow」なるものを使っていたため
自動的にインターレース解除がかかった状態で出力していたようです。

インターレースを手動で解除


AviUtlのプラグインをいくつか試しました。

動画エンコード|AviUtlフィルタ比較(インターレース系)
▲プラグインについてはここで。

ここのほかに、もう一つ試してみた :
AviUtlプラグイン置き場の自動フィールドシフトというもの。


AviUtlのデフォルトのも含めこれらの解除を一通り試してみたんですが、
そのいずれも、画質が大きく劣化します
インターレースの解除性能で見ると、なるほど良質なものもあるとは思うのだけれど。

※ビデオの読み込みには、「MPEG2 Video Plugin」というものを使い、
 勝手にインターレース解除されるのを防ぎました。

結論


やっぱ今までどおりDirectShowで読み込んで
シャープフィルタかけるのが一番安定している気がした。

条件不明の画質劣化について


以前に述べたかも知れませんが、
同じようにエンコードしても、映像の質が大きく異なる現象が知られています。
というか、エンコードする前から映像の質が違います。
(例えば、バテンの混乱状態にて、[6]や[9]の先端部分に着目。
 滑らかに動いているものと、カクカク動いているものが存在します)

これが起こる詳しい原因はまだ分かっていませんが、
インターレース関連の何かが働いている可能性が浮上してきました。


今分かっていることは、
生ファイルの時点で、インターレースのかかっているビデオと
かかっていないビデオが存在する
こと。

インターレースを解除すると、概して、画質は落ちます。
何に比べてかと言うと、もちろんインターレースつきの画像となんですが、
・・・うーん、何と言いますか、
インターレースを解除したら「本来こうあるべきだろ」ってな姿と比べて、
かなり画質が悪いと言うと語弊が少ないかな。

何が言いたいのかと言うと、
動画を撮影したそのときから、最終的な質が決まっている
かもしれないということです。


そもそもインターレースがデフォで存在しない、
こう言う事態そのものがありえないはずなんですけどね・・・、
特定の動画をフレーム送りしてみると、確かにそんな動画が存在するみたいです。

このことと、先に述べた「映像の質が異なる」ことの
因果関係はまだ明らかにはなっていませんが、かなり有力な可能性ではある。


まぁまずは、このような「インターレースのデフォ除去」と言いますか、
これが何故起こるのか、どうやって起こるのかを突き止めれば
何らかの手がかりは得られるかもしれません。

願わくば、この「デフォ除去」を常に発動できればいいなぁとか思いつつ。

録画エラーについて


これは、既に要因が分かっていること。
せっかくこういう記事を書いたので、ここでついでに述べておきます。

録画エラーとは?


動画を撮影中、不意に動画が途切れ、否、
正しく言いますと、強制的に録画が中断される現象です。

これが発動すると、状況にもよりますが基本的に撮り直しを余儀なくされます。
「状況にもよる」というのは、
前もってあるいは同時に「ビデオへの録画も行っていた」場合は、
撮り直しというほどの問題ではないことを指します。
(ビデオをもう一回再生すればいいだけなので)

発動した場合のもっとも有効な手段はキャプチャの電源の入れなおし。

原因


ビデオキャプチャはUSB(規格はUSB2.0)で接続しています。


このパソコン、どこかおかしいようで
本来USB2.0で接続すべきデバイスを、間違えてUSB1.1で接続しちゃうんです。

電源を入れ、接続してすぐは2.0なんですが、しばらく放置しておくと、
いつの間にか1.1に切り替わってしまう。
(2.0か1.1かの判断は、キャプチャにある「Hi-Speed」ランプで瞬時に行えます)

そして、この「切り替わってしまう」というその瞬間に
映像を録画していると、強制的に録画が打ち切りになるというわけ。

で、根本的な原因は?


そもそも何故USB1.1と誤認してしまうのか、これはまだ分かりません。

現在は、以下のことが分かっています。

・これ以外のデバイスではこのような事は確認できていないこと
 (2.0か1.1かを確認する手段を私が知らないことも要因に含まれます)

・接続位置を変えても同様の現象が起こること
 外付けHDDをつないでいる場所に接続してみても、
 同じように、USB1.1として接続するキャプチャが存在しました。

・CPU使用率が高いと、これが起こりやすい
 でもこれは私の気のせいで、実は因果関係は無いかもしれん。

・起こりやすいときと起こりにくいときがある

・以前のノートパソコンでは、この問題は発生していない

おわりに


さーて、どうしたものだろう。

私としては、
「USB2.0→インターレースデフォ解除で高画質!」
「USB1.1→インターレースのおまけつきでもれなくロークオリティ!!」

・・・という結果ならいいなーとか思ったんだけれども
そう簡単に物事は進まないようです(´・ω・`)

まず知るべきことは
録画エラーの真の原因についてと、
インターレースデフォ解除がどういう機構で行われるのか
だな。

決定的な結論


DVDレコーダー買って、それで録画すればいいんじゃね?
関連記事

人気blogランキング Blogランキング参加中。投票してもらえると嬉しいです。

《カテゴリ》 ゲーム | 《更新日》 2009/07/26 [日]
《タグ》 Tips動画動画編集日記ゲーム
コメント情報・編集
コメントの投稿










(送信ボタンを押すと、即座にコメントが投稿されます)

トラックバック

※お手数ですが、"http"という単語を含まぬようお願いします。
Page top
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
FC2カウンター
RSS
アクセス解析など

この人とブログ友達になる

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。