管理・サイト関連
管理画面(管理人専用です)
リンク
プロフィール

asrite

書いてる人 : asrite
やあ(´・ω・`)
ようこそ、あすらブログへ。
この日記はサービスだから、まずは読んで落ち着いて欲しい。
ブログ足跡機能があるので、気まぐれに足跡を返します。


▼押してくれると嬉しいです。
人気blogランキング

カテゴリ
月別アーカイブ
07月(1)  06月(1)  03月(2)  02月(1)  01月(1)  12月(1)  11月(1)  09月(2)  08月(1)  05月(2)  04月(1)  03月(2)  02月(3)  01月(2)  11月(1)  10月(2)  09月(3)  07月(4)  06月(4)  05月(4)  04月(2)  03月(2)  02月(1)  12月(3)  11月(1)  10月(3)  09月(6)  08月(2)  07月(2)  06月(1)  05月(3)  04月(1)  03月(2)  02月(3)  01月(10)  12月(1)  11月(4)  10月(1)  09月(3)  08月(6)  07月(4)  06月(7)  05月(4)  04月(4)  03月(3)  02月(4)  01月(5)  12月(1)  11月(3)  10月(5)  09月(5)  08月(4)  07月(3)  06月(3)  05月(3)  04月(4)  03月(2)  02月(4)  01月(8)  12月(8)  11月(1)  10月(3)  09月(2)  08月(4)  07月(4)  06月(1)  05月(2)  04月(2)  03月(6)  02月(5)  01月(1)  12月(3)  11月(4)  10月(6)  09月(6)  08月(7)  07月(5)  06月(5)  05月(7)  04月(13)  03月(6)  02月(7)  01月(5)  12月(13)  11月(19)  10月(12)  09月(28)  08月(27)  07月(22)  06月(22)  05月(28)  04月(26)  03月(35)  02月(20)  01月(22)  12月(25)  11月(23)  10月(20)  09月(20)  08月(15)  07月(15)  06月(15)  05月(13)  04月(15)  03月(15)  02月(5)  01月(12)  12月(5)  11月(7)  10月(10)  09月(11)  08月(13)  01月(2) 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


《カテゴリ》 スポンサー広告 | 《更新日》 --/--/-- [--]
[ no tag ]
せっかくなので、レポート風味にまとめてみる。学校の(実験)レポートを作る際の、何らかの手助けになれば存外の喜びである。

合わせて、レポートの書き方についても軽く述べてみた↓

理系大学のレポートの書き方について
http://asrite.blog35.fc2.com/blog-entry-361.html

序論


以前の記事を見てくれれば分かると思うが、マグナスのドロップ率について、気になる問題が発生した。ジャングル ホロ・ホロのモンスター「なんとかのガイコツ」(←名前忘れた)の落とすマグナス「鬼火帽」のドロップ率が、実は非常に低いかも知れないということが分かったのだ[1][2]

私の低レベルプレイでは、シルバーソード・ハーフプレイトそれぞれ15枚程度に対し、計5枚の鬼火帽が手に入っていた[3]。これを、今回のプレイの参考データとしたい。

目的


鬼火帽のドロップ率を、統計を取ることで推定する。

~ 広告 ~
~ この記事の続き ~

概要


今回のデータによれば、鬼火帽のドロップ率は、1~2%の範囲にある可能性が高いことがわかった。これは、前回または今回のいずれか、あるいは両方について、本来の期待値と大幅に異なるドロップをしたことを示唆している。

方法


今からホロホロで稼ぎをする・・・というところで止まっている、とてつもなく都合の良いデーブデータを用いて行った。

戦うシンボルは、東側から入ってすぐに出てくる骸骨。こいつを主なターゲットにして稼ぎを行った。戦闘キャラはカラス・リュード・サヴィナ。実際に統計を取る前に、例の「ドロップ補正[4]」がガイコツ・スペルシェルに対してかかっていないことを確認した。

プレイ時間は、およそ10時間から開始し、およそ15時間で終了した。すなわち、実際の稼ぎ時間はおよそ5時間弱である。

結果


モンスターが落としたマグナスをカウントし、以下の結果を得た。何も落とさなかった場合は「(なし)」としてカウントしてある。また、念のため述べておくが、カウントしたのはあくまで落としたマグナスであり、実際に入手したカード枚数とは値が異なるので注意して欲しい。

マグナス落とした回数出現率
(なし)6831.336406 %
青梅5123.502304 %
シルバーソード2411.059908 %
ハーフプレイト4922.580645 %
シャドゥコルネット135.990783 %
ロックアイス94.147465 %
鬼火帽31.382488 %
合計217-

また、最終的に入手できたカード枚数は、以下の通り。

シルバーソード : 22枚
ハーフプレイト : 31枚
鬼火帽 : 4枚

考察


以前の低レベルプレイ時のデータとは、明らかに様子が異なることが見て取れるだろう。

前回のホロホロ稼ぎでは、さして気にも留めていなかったので統計は取っておらず、またその時のセーブデータも所持していないため詳細な比較はできない。ただし、鬼火帽は少なくとも5枚、入手していたということが、ゴルドバ戦のセーブデータを参照することで分かった。「少なくとも」というのは、鬼火帽を捨てた、あるいは落としたのに私が拾わなかった、という可能性が十分にあるためである[3]

また、確証は無いが、シルバーソード・ハーフプレイトは、各々15枚程度入手したことが、低レベル攻略記事で分かっている。おおよそ正しい数値と考え、「15枚ずつ入手した」として、今回のデータと比較してみる。

前回のドロップ率が分かっていない以上、シルバーソード・ハーフプレイトの取得枚数と比べることで、「全体のドロップ率の比較」の代用とした。

マグナス名前回の取得枚数今回の〃
シルバーソード 15 22
ハーフプレイト 15 31
鬼火帽 5 4
[取得比率]※ 0.167 0.075

※鬼火帽の取得枚数を、残り2枚の取得枚数で割った値。

先にも述べたように、これは信頼性の高い結果とはいえないが、このデータを見る限り、前回の鬼火帽のドロップ率は、今回の2倍であることが分かる。また前回は、取得優先度が「ハーフプレイト>鬼火帽」であった以上、この差は更に開いている可能性もある。

この結果から少なくとも言える事は、前回か今回のドロップについて、どちらかが驚異的におかしなドロップをしたのであろう、ということである。
原因については詳しくは分からないため、それを知るためには更なる追跡調査が必要である。もっとも、そんなことはするつもりは全くない。

まとめ


鬼火帽のドロップ率は、おそらく1~2%
レアな部類に入るので、落としたらなるべく入手するのが吉であろう。

参考資料


[1] 2009/04/28(火) バテンメモ : ドロップ率について
[2] バテンカイトス リュード一人旅 決意編:シェラ Part2‐ニコニコ動画
[3] 2008/09/28(日) バテン・カイトス 低レベルプレイ Part4
[4] 2009/02/07(土) ぷよぷよシミュレータ作ってみる

補足


別記事にて、レポートの書き方について記事を作成した。何かのタメになるかもしれない。
http://asrite.blog35.fc2.com/blog-entry-361.html
関連記事

人気blogランキング Blogランキング参加中。投票してもらえると嬉しいです。

《カテゴリ》 バテンカイトス | 《更新日》 2009/05/05 [火]
《タグ》 バテンカイトスゲームレポート
コメント情報・編集
コメントの投稿










(送信ボタンを押すと、即座にコメントが投稿されます)

トラックバック

※お手数ですが、"http"という単語を含まぬようお願いします。
Page top
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
FC2カウンター
RSS
アクセス解析など

この人とブログ友達になる

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。