管理・サイト関連
管理画面(管理人専用です)
リンク
プロフィール

asrite

書いてる人 : asrite
やあ(´・ω・`)
ようこそ、あすらブログへ。
この日記はサービスだから、まずは読んで落ち着いて欲しい。
ブログ足跡機能があるので、気まぐれに足跡を返します。


▼押してくれると嬉しいです。
人気blogランキング

カテゴリ
月別アーカイブ
10月(1)  07月(1)  06月(1)  03月(2)  02月(1)  01月(1)  12月(1)  11月(1)  09月(2)  08月(1)  05月(2)  04月(1)  03月(2)  02月(3)  01月(2)  11月(1)  10月(2)  09月(3)  07月(4)  06月(4)  05月(4)  04月(2)  03月(2)  02月(1)  12月(3)  11月(1)  10月(3)  09月(6)  08月(2)  07月(2)  06月(1)  05月(3)  04月(1)  03月(2)  02月(3)  01月(10)  12月(1)  11月(4)  10月(1)  09月(3)  08月(6)  07月(4)  06月(7)  05月(4)  04月(4)  03月(3)  02月(4)  01月(5)  12月(1)  11月(3)  10月(5)  09月(5)  08月(4)  07月(3)  06月(3)  05月(3)  04月(4)  03月(2)  02月(4)  01月(8)  12月(8)  11月(1)  10月(3)  09月(2)  08月(4)  07月(4)  06月(1)  05月(2)  04月(2)  03月(6)  02月(5)  01月(1)  12月(3)  11月(4)  10月(6)  09月(6)  08月(7)  07月(5)  06月(5)  05月(7)  04月(13)  03月(6)  02月(7)  01月(5)  12月(13)  11月(19)  10月(12)  09月(28)  08月(27)  07月(22)  06月(22)  05月(28)  04月(26)  03月(35)  02月(20)  01月(22)  12月(25)  11月(23)  10月(20)  09月(20)  08月(15)  07月(15)  06月(15)  05月(13)  04月(15)  03月(15)  02月(5)  01月(12)  12月(5)  11月(7)  10月(10)  09月(11)  08月(13)  01月(2) 
カテゴリ : ゲームレビュー の 記事一覧

次の記事一覧へ>>

時オカの後、ゼルダBotwも一気にクリアしました。
それから空白期間が2ヶ月ほどあって、いい加減遊びたかったゲームに手を出しました。
ニンテンドースイッチ全然触ってないや

171023_robobo.jpg

基本情報


【ハード】 3DS
【ジャンル】 アクション
【プレイ時間】 20時間ほど?

概要


ポップスターに変な機械が襲い掛かってきた! のでそれを追い払うゲーム。

現在、メインシナリオを抜けて、ボスラッシュ(とおまけのゲーム)を残すところまで来ました。
真ボスラッシュは勝てる気がしないなあ…。

総合評価


★★★★☆

そういえばカービィ遊ぶのも久々ですな。
もしかするとカービィ64以来のプレイかもしれん。
あれから結構経ったけど、遊び心地は今も変わらずでした。
今作も、メインは横スクロールの2D(+若干の3D要素はあり)。

▼奥&手前の概念があります。敵によっては、画面外から攻撃してきたりも。
171023_194336_kirby3ds.jpg

今作の特徴は、ロボットに乗ってステージを進んだり敵と戦ったり出来ること。
コピー能力もカービィ用とロボット用で別々に使えるので、戦い方の幅も2倍。

▼ロボットもコピー能力を使える
171023_194540_kirby3ds.jpg

ロボットを使ったアクションも楽しいし、総合的な完成度はかなり高い。

でもちょっとばかり物足りなさもある。
あと、コピー能力を含めたいろいろな要素・ギミックや音楽が出てきて、
楽しくはあるんだけど、ひとつひとつの出番が少ない。
1回しか出てこない要素もあったかな…(亀をマイクで起こすやつとか)。
良くも悪くも、「広く浅く」って言う感覚。

個人的には、ちょっとボリュームが足りなかったかなと思う。
もっとステージ数が多いと良かった。


以下、あれこれ評価

“【ゲームレビュー】 星のカービィ ロボボプラネット [3DS]”の続きを読む>>

《カテゴリ》 ゲームレビュー | 《更新日》 2017/10/23 [月]
《タグ》 ゲームレビューゲームレビュー3DSカービィ
170702_zelda3d_0.jpg
ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D

NintendoSwitchのゼルダのBotWを買ったついでに、こっちも買いました。
64の時オカはプレイ済、裏は遊んだことはあったけど、クリアまで行ったかは覚えてない。


数年来にプレイしましたが、そこそこ覚えてるところも多くて、記憶力ってすごいなあと思った次第。
そんなに繰り返して遊んだ記憶もないんだけど。
(逆にムジュラの仮面は記憶が薄い…、こっちのほうがたくさん遊んだ気がするのに)

ゲーム内容は64のものとほぼ完全に同等ですので、
このレビューは、主に3DS版での変更点をまとめる感じでいきます。

どうでもいいけど


ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D:ハートのかけら 迷いの森

公式ページにハートのかけら一覧が載ってます。ありがたや。

概要


プレイした感触では、グラフィック、操作感などは完全に同じ。
3DS用にボタンが再配置されたくらいかな。
(Z注目→L注目や、CボタンのアイテムがXYで使えるなど)

170702_zelda3d_4.jpg

ただ、3DSのタッチ推しなのか何なのか分かりませんが、
基本操作にタッチ操作が絡むのは非常に使いづらいです。
オカリナ、視点カメラ(とナビィ)、4スロットあるうちのアイテム2つ分は、タッチでしか使えません。

さらに、ポーズメニューもタッチでないと開かない(画面下部の装備、マップ、アイテムの部分)。
よく使う機能がタッチ限定になってしまったので、正直操作性が悪いです。

Cボタンは物理的に足りないからしょうがないとしても、メニューくらいはボタンで開かせて欲しかった

Startボタンはと言うと、セーブしかできません。なぜそこを排除した…。

========== ==========

170702_zelda3d_2.jpg

体感ではグラフィックは完全に同じですが、ところどころ変化があるようです。
私が気づいた点は

・モノがあるところにリンクが顔を向ける
 風のタクトから採用されたもの…だと思う。
 なにかあるところにリンクが顔ごと向けるので、アイテムやスイッチの見落としが少なくなりました。

・ハシゴを綺麗に登る
 ハシゴの段差部分とリンクの足が完全に一致するようになりました。
 64時代は、ハシゴのない空中に足を掛けていた気がします。

裏 時のオカリナについて


170702_zelda3d_5.jpg

かつて限定配布された裏バージョンも収録されていました。
表のクリア後に選べるようになります。

ダンジョンの内容がガラリと変わっていた裏バージョン。
今作では、それに加えてフィールドとグラフィックが全て左右逆になっています。

敵の強さも上昇しており、油断するとすぐ死にます。
妖精複数体は必須。

Wikiには「受けるダメージが倍」のみ書いてあったけど、
ダメージだけじゃなくて、バトル全体がもっと難しくなってる気がしました。
気のせいかな…。

ダンジョンは裏GCと同様だとは思いますが、かなり難化しています。
全体的に、完全に経験者向けのモードに感じました。


ちなみに裏時のオカリナGCを借りパクしたアイツは今でも許さない

さいごに


ゲーム内容は全く同じなので、思い出しながら懐かしみながらのプレイになりました。
裏のダンジョンは仕掛けが難しくてめっちゃ迷ってた(´・ω・`)

作品自体は相変わらずの名作クラス。
ただし、タッチ操作を強要され、快適さが落ちているのが残念でした。

おわり。

《カテゴリ》 ゲームレビュー | 《更新日》 2017/07/02 [日]
《タグ》 ゲームレビューゲームレビュー時のオカリナ3DS
170606_dis5_0title.jpg
魔界戦記ディスガイア5

そういえばNintendo Switch買いました。でもディスガイア5以外に遊ぶソフトがなくて、早くも飽きそう…。

基本情報


【ハード】Nintendo Switch (PS4版が先に出てる)
【ジャンル】 シミュレーションRPG
【プレイ時間】 200時間

概要


星の数ほどある魔界の制圧を企むヴォイドダークとか言う敵に
主人公(悪魔)たちが挑むというストーリー。

170606_dis5_2map1.jpg

最初の印象は、あまり特徴のないシミュレーションRPGという感じ。
システム的に違うところも多いけど、プレイした中ではFEが一番近いかな。

シナリオが進むごとに出来ることが増えていき、育成関連の施設が充実してきます。
クリア後は育成の面でいろいろ便利になり、経験値やレベル、ステータスがものすごい勢いでインフレしていきます。
(敵の強さもインフレするので、こちらもガチ育成しないと歯が立たない)

▼現在の主力はステ4000万くらいです。最終的には9999万9999までいけるらしい。
170606_dis5_4000man.jpg

総合評価


★★★★★

ゆるドラシルとのコラボ「ゆるガイア」で存在を知ってたので、何となく何も考えずに買ってみました。

(ゆるガイア4のページ)
ゆるドラシル×ディスガイア2 ディスガイアD2 コラボ開催RTキャンペーン

結論から言うと大当たり。めっちょ楽しいゲームです。
クリアする前は、ゲームバランスの良いSRPGだなーって感じだったのですが
(※特に悪い印象ということでもない)
クリアしてからのガチ育成とインフレの波がすごい。

▼最初はレベル1000到達で喜んでたなあ…。最終的には誤差の範囲に
170606_dis5_lv1000.jpg

厳密に言えばシナリオが半分進んだくらいからかな。
いろいろシステムが充実してくるので、シナリオ放置して遊びまくれます

キャラがどこまでも育ち、また色んなことに手を出すほど育成の効率も上がっていくのが楽しい。
育成要素も、キャラだけではなく、スキル、アイテム(装備品)、イノセント(アイテムに付ける補助ステータス的なやつ)など、様々な方面からの強化になります。
そして、敵のレベルもどんどん上昇していくので、それらを駆使して育てないと勝てない
軽くボコられておしまい。

やりこみSRPGの名に恥じない、良いゲームでした。

また、やりこみ系で有りがちな、「全アイテムGET」みたいな単純作業系のものは強要されません
それもまた良いよね。

メインシナリオのクリア前と後で、全くの別ゲーといっても過言ではないでしょう。
シナリオクリアはチュートリアルみたいな感じだし、
逆に、「やりこみ」が嫌ならばメインシナリオをクリアして満足するのも良いかなと思います。


プレイ動画…といっていいかは微妙だけど、100億ダメージが出たときの動画を載せてますので参考までに。


以下、細かく見ていきます。

“【ゲームレビュー】 魔界戦記ディスガイア5 [Nintendo Switch]”の続きを読む>>

《カテゴリ》 ゲームレビュー | 《更新日》 2017/06/06 [火]
《タグ》 ゲームゲームレビューnintendoswitchディスガイア日本一ソフトウェア
151012_ysc_banner.png

発売当初から気になっていたこの作品、3年越しくらいにプレイしました。

基本情報


【ハード】 PS vita / Vita TV
【ジャンル】 アクションRPG
【プレイ時間】 25時間程度

▼公式デモムービー。

https://www.youtube.com/watch?v=NvBAnkjxOUk

▼実質的な前作ともいえる「イース7」のレビューも併せてどうぞ。
あすら日記 【ゲームレビュー】 イース7 - アルタゴの五大竜 - 【PSP】

概要


イースシリーズの新作。
元になったのはイース4らしいですが、各イース4はファルコム以外の会社が作ったもので
今作は「ファルコムとしては完全新作」という扱いです。
リメイクではないみたい。

今作の舞台となるのは、タイトル通り「セルセタの樹海」という広大な森。
主人公アドルが、記憶をなくして樹海から街に戻ってきたところから話が始まります。

▼こいつドギ(後述)
151012_ysc_0ev.jpg

総合評価


【総合評価】★★★★★

151012_ysc_1battle1.jpg

ゲームシステムは全体的にイース7と同様。
サクサク動く爽快なアクションRPGです。

全体的にイース7のシステムを踏襲し、一部は改良が加えられ、より遊びやすくなりました。

ただ、確かに良い作品ではあるのですが、
「出来の良すぎた」イース7との比較になってしまうため
どうしても素直に良作と言い切れないところがあります。

★5評価としていますが、「4.6が四捨五入で5になった」っていう感じ。

▼道中では、時折きれいな景色が拝めるぞ
151012_ysc_0field.jpg

データ引継ぎによる2周目やボスバトルの実装は有難いです。

各種評価


【総合】 ★★★★★
【難易度】 ★★★★☆
: 回復アイテムのごり押しが効くので、ちょっと緩めに感じた。
 データ引継ぎ時でも、ボス戦がヌルゲーにならない設計で○。
 (ボスの強さは味方のレベル依存なのかな? 2周目と1周目で強さが変わります)

【システム】 ★★★★★
: イース7から改良されていて遊びやすい。
 特に、通常ガードの導入、ボスバトルの実装は素直に嬉しい。

【シナリオ】 ★★★☆☆
: 想像以上にボリュームがありました。
 ただ、一番最後の展開が何となく煮え切らない。

【グラフィック】 ★★★★★
: Vita TVで遊んだからか、綺麗とは言い切れない。
 とはいえ、軽快な動作に寄与しているだろうし、あまり気にはならないですね。
 景色とかの眺めとかはすごく良いです。

【音楽】 ★★★★☆
: フェルガナやイース7に比べて、全体的に1段階下に感じた。
 曲自体は悪くないんだけど。


以下、細かく書いていきます。

“【ゲームレビュー】 イース セルセタの樹海 【PS Vita】”の続きを読む>>

《カテゴリ》 ゲームレビュー | 《更新日》 2015/10/13 [火]
《タグ》 ゲームレビューゲームレビューPSVITAアクション
気付けばAndroidに上陸していたので、この機会にレビュー書きます。

※この記事中のほとんどは、iOS版の画面になります。

dfw_0title.png

基本情報


【ゲーム名】
【ハード】 android/iOS
【ジャンル】 タワーディフェンスRPG
【プレイ時間】 10時間ほど?(測ってない)

Get it on Google Play

概要


総合評価 : ★★★★★

魔法少女をマップ上に配置して、迫ってくる敵を倒していく「タワーディフェンス」のひとつ。
ゲームとしては特に特筆する点はないのですが、
キャラが可愛いのでやる価値ありです(ちなみにボイスもあります)

課金要素は一応あるものの、無課金で最後までクリアできる仕様。
キャラのレベルアップ要素もないので(※後述)
今どきのソシャゲ―とは異なり、「育成が絡まない、純粋なプレイの腕前」が問われます。


可愛い見た目とは裏腹に、難易度は結構歯ごたえのある高さ。
オーブや課金キャラを使えば、それなりにバトルは楽になる…と思います。

ゲームはドット絵。
BGMは、MIDIで作られた感満載のアレで、
雰囲気はまさに、スマホが普及する前の「フリーゲーム」という印象を強く受けました。

プレイ動画



【Defense Witches】 険しい渓谷 2-1 パーフェクトクリア(SP条件達成) - YouTube

スピンオフ作品について


▼この作品のスピンオフ作品「パズルウィッチーズ」が発表されました。
dfw_pzl.jpg

2015年10月に配信予定とのことです。
内容はまだ分かりませんが楽しみですね。


ちなみにこのゲームのLINEスタンプも販売中みたいですよ

以下、詳しくあれこれ

“【ゲームレビュー】 Defense Witches [タワーディフェンスRPG]”の続きを読む>>

《カテゴリ》 ゲームレビュー | 《更新日》 2015/09/17 [木]
《タグ》 ゲームレビューゲームレビューandroidiosRPG
カテゴリは一応ゲームレビューにしましたが、
レビューでもなんでもなく、ただなんとなく書いただけの記事です。

150607_putitto_title.jpg

パズドラに飽きかけてるので、何か面白いゲームないかなーって思いながら
いろいろゲームを遊んでいます。

先日の記事では、「スマホゲーは同じのばっかりでつまらん」みたいなことを書きましたが
遊んでみると、結構いろいろな種類があるのに気づきます。
(もちろん、大半はどれも同じのばっかりでつまらないです)

その中の一つ、ぷちっとくろにくるが、
地味に面白そうなので遊んでみました。

、、とその前に。

今日のパズドラ


▼ライラ2体がスキルマ。
150607_raira.jpg

昨日(6/6)から配信された、「レジェロンテ降臨!」にて、
念願のライラのスキル上げが始まりました。
しかしながら、
・地獄級でも確泥ではない(8割程度かな)
・ファイアスペルを持つ「ペコドラ」は、別のモンスターと2体出現なので、
 入手率はさらに半分。

全部で4体持っているのですが、入手効率の悪さもあるし、
食わせてもあまりスキルが上がらない(2.5倍とは何だったのか)、
スキルマ2体で断念しました。

そして、さっそくライラシステムを組んでみたところ…
正直、微妙なできばえでした。
ライラ本人にスキブがないのが痛いなあ。


以下、さらっとゲーム紹介。

“【ゲームメモ ぷち】 ぷちっとくろにくる 遊んでみた”の続きを読む>>

《カテゴリ》 ゲームレビュー | 《更新日》 2015/06/07 [日]
《タグ》 日記ゲームレビューゲームレビューMMORPG
150504_hako_title.png

eショップで宣伝されてたので買って遊んでみました。

基本情報


【ハード】 3DS
【ジャンル】 パズル
【サブジャンル】 アクション
【プレイ時間】 不明。10時間未満くらいかな?
【価格】 630円+消費税
【ボリューム】 メインシナリオで150くらいかな?

▼私のプレイ動画

【3DS】 ハコボーイ - WORLD17 [ラストワールド] 解答例 - YouTube

概要


箱の形をした主人公を操り、ステージを進んでいくパズルゲーム。
主人公は自分の体から、連結した箱(個数はステージによって異なる)を生み出すことができ、
これを駆使してゴールを目指す。

▼ステージ中にはたくさんのギミックが存在する
150504_hako_ex1-2.jpg

総合評価


総合評価 : ★★★☆☆

ステージ数が多く、さまざまなギミックがあって最後まで楽しめる作品。
クリア後も、裏ステージやタイムアタック/スコアアタックなどやりこみ要素も強く
末永く遊べそうなタイトルでした。

ただ、3DSで出たせいなのかわかりませんが、
難易度が結構低めに設計されているのが残念。
あまり良くない意味で、「低年齢層向け」という印象を受けました。

私の感じた難易度は、本編クリアまでがチュートリアル、
その後の裏ステージからが本番かな、という感覚。
(裏ステージやタイム/スコアアタックはなかなか難易度が高くて面白かったです)

ステージ数も、豊富というよりは無駄に多いというのが正直な感想。
無駄に長いチュートリアルを延々と行ったような、変な違和感が残りました。


今までに遊んできた、いくつかのスマホのパズルアプリ(無料)と比べると
やはり有料で歯ごたえの薄いゲームとなると、どうしても厳しい評価になってしまいました。

ゲーム自体の出来は素晴らしいし、操作性もかなり良いだけに、結構もったいない作品です。
こういったパズルにあまり慣れていない人や、
お子様/低年齢層向けに作られたのでしょうね(おそらく、意図的に)。

しかし、私にとっては、それが大きなマイナスポイントに感じてしまいました。


以下、ゲーム紹介などいろいろ述べていきます。

“【ゲームレビュー】 ハコボーイ! 【3DS】”の続きを読む>>

《カテゴリ》 ゲームレビュー | 《更新日》 2015/05/04 [月]
《タグ》 ゲームレビューゲームレビューパズル3DS
【勇者30 SECOND】
131019_yusha_0title.jpg


基本情報


【ハード】 PSP
【ジャンル】 RPG
【プレイ時間】 20~30時間

クリアしたシナリオでも、あとから何回もプレイできます。
タイムアタックモードがアツいな…。

概要


30秒で魔王を倒す、超速RPG「勇者30」
…の続編。

前作の「勇者30モード」を強化してボリュームアップさせた作品で、
主人公の前に立ちはだかる敵を、30秒という限られた時間で倒していく。

500年という長い戦いの歴史の中で、勇者と魔王の運命が織り成す物語。

総合評価


【総合評価】 ★★★★★

世界に残された時間は30秒。
その間に、レベルを超速で上げて、村人の話を聞いて、装備やアイテムを購入したりして…
そして魔王を倒す。

ゲーム全体において高速化が実現されており、進行はとてつもなく速い。
「超速RPG」という言葉がしっくりくるゲームですな。

131019_yusha_1hametu.jpg
▲30秒で世界が滅ぶ「ハメツの呪文」を魔王が唱える!

物語がものすごい勢いでスピーディに進行するので
ゲームの密度がものすごく高いw
リアル時間の30秒が、体感1分から1分半くらいには感じます

超速のゲームの中で、あれこれ考えながら進めていくのがめっちょ楽しいです。
立ち止まったらアウトなので、動きながら考えるしかない。

131019_yusha_1zanto.jpg
▲この記事で細かく紹介はしませんが、敵や村のネーミングセンスがヤバイw

RPGとは言っても、敵との戦闘は自動で行われます。
そのため、戦闘そのものよりも、フィールドを歩き回り、ミッションをこなし
お金や時間ののやりくりを考え…といった風に
(戦闘も一部含めた)全体的な戦略が要求されますね。

そういう意味では、俗に言う「RPG」とは少し毛並みが違う。

どっちかというと主人公をうまく導く、アクション要素が大きいかも?
敵と戦うだけでなく、いろいろ含めた「30秒の全て」が戦闘そのものとも解釈できますな


補足になりますが、魔王が出現していない時は30秒という制約はなくなり
ゆっくり大陸や村(と一部のダンジョン)を散策できます。
その道中で、魔王が現れたり事件が発生したりする感じ。

---------- ----------

併せて特筆すべきなのは、何よりもそのグラフィック。
このゲーム、なんと全世界がドット絵で描かれています

131019_yusha_2field.jpg
▲一昔前のRPGを彷彿とさせられる

立体的なグラフィックが主流となった現代(※2011年発売)、
こうしてドット絵だけでゲームを作り上げるって、そう簡単なことではないと思うよ

色自体は鮮やかなので、ファミコンというよりはスーファミくらいの感覚。

補足ですが、本作のレビューを見る限り、
ドット絵は前作よりも更にクオリティが上がったらしいです。
(もちろん前作も全部ドット絵)

---------- ----------

「速さ」を中心に、様々な要素が洗練されており非常に遊びやすく、
文句なしの良ゲーだと思いました。
特に、ドット絵が好き方はぜひ遊んでみるべきだと思います。

後に、これと暗示的に比較されることになる「ラストランカー」が、
少し不憫に感じないことはない…w

プレイ動画


【通常クエスト編】


【魔王城編】


※動画はリンク切れの場合があります。
※ゲーム内の「再プレイ機能」を使っているため、仲間やレベルなど、
 実際のシナリオと一部食い違いが見られます。ご了承ください。


詳細は以下で。

“【ゲームレビュー】 勇者30 SECOND 【PSP】”の続きを読む>>

《カテゴリ》 ゲームレビュー | 《更新日》 2013/11/03 [日]
《タグ》 ゲームRPG勇者30PSPレビューゲームレビュー
LAST RANKER(ラストランカー)
131026_lr_0title.jpg


前からびみょー気になっていたゲームをプレイしてきました。
そこそこ良ゲーでした。

基本情報


【ハード】 PSP
【ジャンル】 RPG
【サブジャンル】 若干アクションRPG寄り
【プレイ時間】 20~30時間(私は27時間でクリア)

シナリオクリア後、現在は適当に競技場とクエストを埋めたところ。
クリア後のお楽しみってあるのかな?

概要


個々人の強さに応じてランクがつけられる世界。
故郷に飽き飽きして家出した主人公は、強さを求めてランキングの舞台に上がり、1位を目指す。

ややアクション寄りのRPG。
ランクを懸けた戦いである対人戦(たまにランクを懸けない場合もある)と、
割とどうでもいいモンスター戦の2種類に大きく分かれる。

対人戦では特に戦略が重要となり、敵の武器(スタイル)に応じて
こちらの武器やスキル等を適切に組み込み、方策を練って戦うことになる。
ただし、たまに適当でも勝てる

あと、95000位でもランカーとか呼ばれるのが個人的にめっちょ違和感あったw
この世界では、ランクさえ持っていれば、順位を問わず「ランカー」のようです。
(ランキングに参加していない戦士や、戦わない商人などはもちろんランカーではありません)

総合評価


【総合評価】★★★★☆

全体的に良い出来に仕上がっており、非の打ちどころが少ない。
特にプレイ自体の快適さに関してはかなり良好
良く考えられているなと思う。

プレイ環境の面で気になるといえば、せいぜい走るのが遅いくらいか。

131026_lr_1bt1.jpg
▲ゲージ制バトルシステム!
 右上にある緑色の箱?がゲージ。ゲーム内ではSP(行動力)と呼ばれる。

本作は、ゲージ制のバトルシステムを取る(いま名付けた)。
行動に必要なゲージを貯め、○とかのボタンを押すと、一定のゲージを消費して行動する、というもの。
従来のターン制の要素を持ちつつ、シンプルでアクション性の高い、リアルタイムでエキサイティングなバトルが楽しめるぞ!

なんか適当にセリフを付け足した感あるけどw、
バトルシステムはコマンド制とアクティブ制の中間をついた、
かといって特に中途半端にもなっていない、中々バランスの取れたものになっていて面白かった。

131026_lr_1bt2.jpg
▲モンスターをなぎ倒し、ランクを駆け上がれ!

 ※モンスターを倒しただけではランク上がりません


ランキングを懸けた戦いでは、敵によってさまざまな武器や戦術を使ってくるので、こちらもそれに応じて、武器やスキルを組み替えて、勝てる戦に持ち込もう。
敵のバリエーションはかなり豊富で、バトルに飽きさせられることはない。

---------- ----------

このゲーム、悪い所は確かに無いのだが、
かといって、「突出して良い点があるか」というと答えに困る。
なんか凡庸なRPGに成り下がってしまっている、という印象を受けた。

一番気になるのは、シナリオがほとんど一方通行しかない点かな。

ランキング戦を含め、シナリオがほぼ一直線。
脇道に遊びに行く余裕があんまりないので、
誰かさんみたいに、脇道を全力で埋めていくような人には物足りなさが加速しそうである。

そしてこのゲームの本筋ともいえる、ランキング戦ももうちょい捻りが欲しかった。

ランキングを奪ったり、ある時は奪われたりと、
そういったランキングを懸けた熱い展開(?)を考えていたのだが、
実際にはなんか勝てそうな敵を探して倒すだけ。
あれ、別にランキングシステムっていらなくね?って思ったことも。

更に言うと、バトルの戦略性が「もっと」高ければ文句なし。
タイマンがベースにある以上、戦略に限界は付きそうではあるけどw


改めて言うが、全体的なクオリティ自体はかなり高い
…が、それを押し上げるもう一歩が、各方面において足りなかったように思う。
そのため、全体的な評価としては★★★★☆に留まった。

131026_lr_dogeza.jpg
▲土下座つよい

かなり終盤のスキルになりますが、
敵の動きを強制的に封じるスキル「ザ・土下座」が便利つよい

紹介プレイ動画


【モンスター戦】


【対人戦】


※動画はリンク切れになる可能性があります

---------- ----------

詳しい評価は以下で。
ネタバレには気を付けていますが、読まれる場合は念のためご注意ください。

“【ゲームレビュー】 ラストランカー 【PSP】”の続きを読む>>

《カテゴリ》 ゲームレビュー | 《更新日》 2013/11/01 [金]
《タグ》 ゲームPSPRPGラストランカーゲームレビューレビュー
以前からやろうとしていたフリゲNo1(当社比)。
フィアードライブ
ひょんなことからこのゲームの存在を知り、
いつかプレイしなければなあ、と思いつつ今日の今までプレイせずにおりました。

130801_fia0.png

ダウンロードは、開発元のソウルブレイブ(有)さんのサイトへ。
(実際はVectorで配布され、修正パッチがサイト側で配布されています)

※執筆時現在、まだクリアしていません。
 三部構成のうち、第一部の6~7割くらい進めたかな?というところ。

今北産業


・ギャグRPGっぽい何か。
・シナリオ楽しい。一枚絵が凄まじい(主に「枚数」の面で)。
・戦闘システムはかなり特殊、なおかつ難易度高め。

総合評価


ギャグ要素強めのRPG。
というかもう全体的にギャグしかないといえるくらい、勢いの良いゲームです。

一応シナリオはあるんだけど、なんかもういろんな方向にぶっ飛んでて
脱線に脱線を重ね、何が本筋で何が脇道なのかも良く分からなくなってくる。

シナリオサイドは基本的に勢いで飛ばしてくるので
時々、展開の早さに追いつけなくなったりもしますが
まぁ負けずにこっちも勢いに乗って行けば良いと思う!(適当)

130801_fia3-1.png

…こういった性質上、少し、人を選ぶゲームでかもしれません。
(私自身、たまにイベントの長さにうんざりすることもw)

130801_fia4-1.png

キャラの表情が色々と変化したり、
一枚絵がものすごく(それは本当にものすごく)多くて、
展開が面白く、なおかつ分かりやすくなっているのは凄いGood!な点だと思います。

良くも悪くも、ツクールだからこそ出来るゲームといったところw
これぞフリゲって感じですな。


気になる方は他の方のレビュー等も参考にしてみるといいかもです。
この辺をもっとすごい勢いで書かれていらっしゃいます。

---------- ----------

ゲームシステム側としてもしっかり作りこまれており…
具体的には、バトルがかなりの独自システムになっています。

これ、作るのに相当苦労しただろうなあっていうか
もうこれRPGツクールの必要性ないんじゃとか思うくらい、
RPGツクール2000のシステムを逸脱してる(褒め言葉)。

130801_fia1-2.png

基本はオーソドックスなコマンドRPG。
ただ、技を使うためにMPの他にAPというものを消費したり、
技強度を選べたり、必殺技があったり、
…と、いろいろな面で拡充があり、非常に良くできていると思います。

ゲームバランスとしては少々辛め。
役割分担や、属性を含めたゲームシステムを上手く理解して使う必要があるでしょう。

個人的にポーションは多めで。

あと、マリオRPGみたいに追撃もできます。タイミングは結構難しいです。

---------- ----------

その他、気になる点として、

・キャラは結構多く、たまにキャラが誰が誰か混乱する。
 (顔グラに表情の変化がある、というのもある)

・装備がツクールシステム上の装備と異なるため、強弱が分かりにくい。

・戦闘中、アイテム・技の一覧がなく分かりにくい。
 (ただし、その分、詳細情報に画面を割いています)

・戦闘TOP画面で、重要なはずのMPがなぜか確認できない。

…というのがありますが、その辺はフリゲなのでまあ許容範囲かなと。


以下、SSとかいろいろ載っけます。

“【ゲームレビュー(ぷち)】 フィアードライブ 【フリーゲーム】”の続きを読む>>

《カテゴリ》 ゲームレビュー | 《更新日》 2013/08/01 [木]
《タグ》 日記ゲームゲームレビューフリーゲーム

bsk
いかにもフリゲ!って感じの絵柄がいいよね

あすら@管理人
余談ですが、私の曲もBGMとしてごく一部で使われています。
しかも「改」になる前の【バトル】もあるんだから驚き…(あれって割と短期間で改良しなかったっけ)。
次のページ>>
Page top
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
FC2カウンター
RSS
アクセス解析など

この人とブログ友達になる

スポンサーリンク